EURO2016のイタリア対ドイツの試合がおもしろすぎた

サッカーのEURO2016がフランスで行われているが、今回はあんまり面白い試合が多くないんだよね。

しかし、今大会屈指の好カード「イタリア対ドイツ」にはかなり期待して見ていた。まあ、いい試合だったね。

戦略の戦いって感じだね。イタリア監督のコンテがよくまとめていたね。選手の質やレベル的にはドイツのほうが上だったけれども、上手くチームをまとめて戦っていた。サッカーは有名な選手をそろえれば勝てるというのを覆したと思う。
もちろん、センターバックからゴールキーパーはユベントスの選手で揃えていたので普段から連携はとれているけれども、怪我で出場できなかった中盤の選手が薄い中できれいなカウンターを決めたりして勝ち上がってきたのは見事だった。

 

 

ドイツ戦ではラッキーなハンドがあってピーケーでの得点だけだったけど、よく戦ってたと思う。走行距離とかも見たけどすごかったしね。

 

ドイツは逆に、フィニッシャーが足りない印象が相変わらずあるね。FWはゴメスぐらいしかいないし、ゲッツェは生粋のFWタイプではないしね。

 

中盤はものすごく競争が激しくて、レベルの高い選手が揃っているんだけどね。ディフェンスも組織的に守れているし、いいんだけど、フォワードだけドイツは足りないね。欲を言えばサイドバックもキミッヒも悪くないけど、ラームがいればとか思ってしまうんだよね。

 

言い出せばキリがないが、ドイツファンの私からすると、余裕を持ちながら見ていたけども厳しい試合だった。イタリアのディフェンスは堅いとは思っていたが、ドイツの選手でもここまで守るのかというぐらい堅かった。

 

 

結局、延長でも決まらずPKになったけれども、このPK戦がまた拮抗した内容だったね。というのも、ドイツのキーパーは現在世界一ともいわれるノイアーで、イタリアはブッフォンだからね。まあ、お互いやりにくかっただろうね。

 

 

そして、その二人の優れたキーパーをリスペクトしすぎたのか、疲れもあったのか、まれに見る長いPK戦になった。

ほんと心臓に悪かったよ。特にドイツは後攻だから、イタリアが決めると、プレッシャーが半端ないね。PKはメンタルが大事というけども、ホントにその言葉があてはまっていると思う。

 

ザザはPKのために交代出場したのに何をしたんだろうね。

 

次の準決勝の相手はフランスとアイスランドの勝者になるけども、フンメルスがカードの累積で出場できないからチョット怖いけどね。ボアテングも脚がやばそうだったしね。

 

ドイツは最終ラインからのビルドアップがなくなると一段魅力が落ちるからね。

まあ決勝レベルの組み合わせといわれたこのシアに勝ったドイツはこのまま優勝して欲しいね。

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る