換気扇を付けると音が鳴る理由がやっとわかったのだ

マンションの換気扇をつけると、なぜかポンポンと音が鳴るのだ。これは何の音だろう?と思って不思議だったのだが、ようやく原因がわかった。エアコンの室外機から空気が入ってきている音なんだね。

 

こんなことネットで検索しないと気づかないよ。知恵袋かなんかに書いてあったのを見つけたからいいけども、さすがに意味不明だった。

 

確かに換気扇を切るとポンッ、ポンッって音がしなくなる。

 

 

うーん、なんだか面倒なシステムだ。窓を少しあけていれば、換気扇をつけていても音は鳴らないんだけどね。なんだかんだでまだまだ知らないことが多い。換気扇って、そんなに部屋の空気を吸っているんだね。

 

だけど、エアコンの室外機から空気が入っているということは、なんか汚い気がしてなんだか嫌になる。寝室にエアコンがあるんだから、寝室の空気が濁ってしまうような気がしている。

 

だって、エアコンの外へとでているホースの中身って結構汚いよね。あれを掃除するのも難しそうだしさ。やっぱり窓をあけて空気を取り入れるのが一番いい気がする。

音もしないしね。

 

そんなことを今日は考えていたのだ。けっこう暇なやつだ。もっといろんな事を考えないといけないのにさ。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る